デリケートゾーン におい かゆみ 黒ずみ取るブログ

デリケートゾーン あそこの臭いやかゆみ・黒ずみ。陰部の悩みにおすすめのデリケートゾーンケアグッズをお試しレビュー

カダソンボディソープ 口コミ 膣カンジダ 石鹸

膣カンジダ症、70%の人が治っても、また発症を繰り返すやっかいな症状。

 

腟カンジダの場合、お薬で治すとなると「オキシコナゾール硝酸塩」などの抗真菌薬が使われることが多いですが、ふだんから自分でも気をつけておくことも大切!とくに、お風呂での洗浄には気を付けたいですね。

 

ふつうのボディソープや石鹸は、洗浄成分が強すぎるため、膣カンジダのときには使用を控え、専用のボディソープでやさしく洗うののがベスト。とくに外陰部を洗浄するときには、膣カンジダのときには気を使います。

 

そんな、膣カンジダ症 石鹸 人気なのが「KADASON BODY SOAP」(かどそんぼでぃそーぷ)。膣カンジダの方でも使えるように開発されたデリケートゾーンを守るボディソープで、病院で治療中の方でも使えます。

 

カダソンボディソープ 成分

 

カダソンボディソープ 主成分は主に3つ。病院で現在、治療中の方でも安心して使える成分で出来ています。

  • デリケートな肌をケアする「グリチルリチン酸2K」
  • 肌をやさしく清浄にする抗菌成分「サリチル酸」
  • 肌に必要な潤いをしっかり残す水溶性保湿成分「シロキクラゲエキス」

 

全成分

水、ココイルグリシンK、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、プロパンジオール、エタノール、フェノキシエタノール、クエン酸、グリチルリチン酸2K、サリチル酸、BG、シャクヤク根エキス、チャ葉エキス、シロキクラゲエキス、クララ根エキス、レイシエキス

 

カダソンボディソープ 使い方

適量を手のひら、または柔らかいタオルにとり、よく泡立てて洗います。大切なのはよく泡立てること。やさしい泡で刺激を与えずに洗うことで、膣カンジダを改善していくボディソープです。こすったり、ゴシゴシ洗う必要はありません。やさしく泡洗浄したら、洗い流すだけです。

 

カダソンボディーソープ 口コミ

kadason body soap アットコスメには、まだ口コミや評価はありませんが、膣カンジダ症を治療中の方、また膣カンジダになりやすい方からの評価は高めです。

 

 

ここ10年以上デリケートゾーンのケアに悩まされてきました。婦人科で相談もしていましたが、何が自分に合っているのか迷走していました。こちらの商品を購入して、治療中でもやさしく洗えるので助かっています。今後も愛用したいと思います!

 

体の調子が悪くなるとカンジダが再発してしまい、悩んでいたところこちらの商品を見つけました。通院しながらも使えるので嬉しいです。敏感肌なのですが、試しに洗顔にも使ってみたところ、さっぱりした洗い上がりでとても良かったです。 

 

治ったと思っても忙しい時期や生理前に免疫が下がると再発してしまうカンジダの時にも使えるものを購入しました。これに変えてからは乾燥等の肌トラブルが起きづらく、頭以外は全身これを使って洗っています。旦那も気に入ってくれているようで、我が家では併用しています。

 

気になるところだけに使っています。洗い上がりのベタつきはなく、2週間ほどで実感できました。かきすぎて傷になってしまっていると少しシミてしまいますが、普通の石鹸を使うよりも、洗い上がりやデリケートソーンへの刺激を考えると、こちらをオススメします。

 

 

人の体にいる常在菌の働きに着目して製品開発をしているKADASON。常在菌の痒みをコントロールする研究を日々行っいて、からだに負担なく、デリケートゾーンのお手入れが手軽にできるのが評価されています。

 

膣カンジダ 自分では分かりにくいかも…

 

腟内の常在菌「カンジダ」が異常増殖によって起こる腟炎の膣カンジダ。女性の5~7人に1人が経験しているデリケートゾーンの病気です。

 

膣カンジダのやっかいなところは、体調やストレスなどによって再発しやすいところ!とくに、女性の場合、生理や妊娠、出産などで膣カンジダを発症することもありますし、蓄積疲労やストレス、糖尿病などで常在菌のバランスが崩れるとカンジダが増殖して、症状がでやすいと言われています。

 

強い痒みやおりものがでてくるので、自覚しやすいのですが「性器ヘルペス」「トリコモナス腟炎」などと勘違いしやすいので、最初はレディースクリニックできちんと診察を受けるのがいいですね。

 

膣カンジダ 症状

 

膣カンジダ症の典型的な症状は、外陰部のかゆみとおりもの。かゆみがすごく強いので、痛いと感じる女性もいるほど。

 

また、おりものの特徴としては、カッテージチーズのようなポロポロとした白いカスのようなものがでてきます。

 

膣カンジダ 治すには

体調の変化や疲労、ストレス、多忙などちょっとした変化で症状がでやすい膣カンジダ。疲れが溜まると、膣カンジダになるという友人もいます。。

 

膣カンジダを治す、また再発しないようにするためには、規則正しい生活習慣、栄養バランスのよい食生活が基本。

 

また、ストッキングやタイツ、スキニーパンツなどからだを締め付ける洋服は避ける方がいいですね。ゆったりとした着心地の良いものを身に着ける方が安心です。もちろん、タオルや下着などは小まめに変えて、清潔にしておくことも大切です。

 

 

アソコ かゆい!陰部 痒み 乾燥 デリケートゾーン ケア

陰部のケアなんて考えたことがなかった管理人。
あそこのかゆみやニオイが気になるようになって
から、あれ?あそこのケアってどうすれば?と
思ったほど(この年になって)

 

でもデリケートゾーンのケアは、大っぴらに
話しにくいから、自己流のケアを続けていたり、
逆にほったらかしでケアをしてないという
方も多いそうです。

 

管理人はデリケートゾーンをほったらかし。
あそこがかゆくなってからは、間違った
陰部のケアばかりしていました。
管理人はやらかしていた間違った
デリケートゾーン かゆみ 対処法。
 ↓↓↓↓↓

・あそこ かゆみがひどくなってからは、
ウォッシュレットの温水で陰部をこまめに洗う

 

・痒みにまかせてトイレットペーパーで
ゴシゴシと陰部をふきとる
少し固めのペーパーだとちょうどよかったり。

 

・お風呂で使うボディタオルもナイロンの
固いタオルでゴシゴシ洗ってた
(しかもふつうの石鹸で)

 

いまになると、あそこのかゆみを増幅させる
ことばかりしていました(*_*;
とにかくきれいに洗浄しなくてはいけないと
それしか頭になかったんですね。


トイレットペーパーや化学繊維のタオルで
強くこすることで陰部に傷をつけ、
そこから雑菌がつくことも。
それに陰部を強くこすることで、陰部 黒ずみや
陰唇がシワシワになってしまうことも。
管理人、あそこ 黒い(*_*;

 

顔のスキンケアは肌をつよくこすったり
絶対しないのに、あそこのケアだといい加減。
やってはいけないことばかり続けていたんです。

 

デリケートゾーン 痒い時 対処法、
入浴中の洗浄は
デリケートゾーン 石けん 敏感肌用 かゆみ」を
使うことが大切!
アソコのデリケートゾーンソープでやさしく
洗うのが大切です。


デリケートゾーン ソープ、ふつうの石鹸と
何が違うの?なんて思っていた管理人。
値段も普通の石鹸に比べると高いから
使わなかったのですが、デリケートゾーン
かゆみ 黒ずみ 石けんを使い始めたら
本当に楽になりました!

f:id:anewme:20170223133753j:plain

とくに気に入っているのは、泡状で
でてきて、そのままアソコを洗浄できる
イビサソープ
ジャウム固形石鹸は、わりと泡立てに時間が
かかって面倒なのですが、イビソープは
ポンプ式で細かい泡状のソープがでてくるから
さっとアソコを洗える!

 

しかも薬用のデリケートゾーン 石けん。
デリケートゾーン かゆみ 乾燥 カサカサの
ほかにも膣の黒ずみ 美白効果も。

f:id:anewme:20170223133759j:plain 

デリケートゾーン かゆみが原因でニキビ
(はれもの)が腫れ上がるときもありますが、
ぜんぜん滲みないんです。
ふつうの石鹸だと滲みて痛みがあったのに
薬用イビサソープだとまったく刺激がない!
あそこのトラブルに効果的な薬用イビサ石けん。

 

デリケートゾーン 石けん、いろいろなメーカーの
ものがあってどれを選べばいい?
どれがおすすめ?と悩むこともありますが、
アソコのかゆみ、黒ずみ、においを根本から
治したいときには薬用デリケートゾーン せっけんを
選ぶといいですよ。

★ イビサソープ公式HP⇒薬用イビサソープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デリケートゾーン かゆみ 40代 50代

生理によるホルモンバランスの変化、
サニタリーグッズ(ナプキン)などの
摩擦、ムレ、小さなランジェリーなど
下着のこすれや脱毛などでも発生する
あそこのかゆみ。

 

たしかに生理中はナプキンであそこの蒸れも
ひどく、かゆみを感じることもありますが、
管理人がいちばん痒みを感じるのは
ジーンズやきつめのガードルを履いているとき。
そして自転車に乗っているとき。
デニムの固いゴワゴワした生地やサドルが
陰部に当たると途端にアソコの痒みが(*_*;

 

自転車を降りても、ジーンズを履き替えても
あそこの痒みはしばらく止まらず…
ひどいときには翌日まで痒みが続きます。

 

これって加齢による陰部のトラブル
GSM(ジーエスエム)と言われるもの。
GSMとは女性ホルモンが減り始める
40代くらいから50代 閉経後に感じ始める
デリケートゾーンの症状。

 

まだ生理は終わっていませんが、生理期間が
だんだん短く、また経血の量もすごく少ない
月もある管理人。
40代 デリケートゾーン かゆみはGSMということも。

 

40代 50代 加齢による陰部トラブル
GSM(じーえすえむ)
genitourinary syndrome of Menopauseの
略で、日本語に直訳すると
「閉経に伴う外陰部と尿路に起こる症状」

 

40代 50代 エストロゲンの減少によって、
膣粘膜の分泌(おりもの)が減り膣が乾燥。
膣の中の潤いが減ることで、乳酸桿菌も減少し、
膣の中がアルカリ性に傾くのですが、
アルカリ性に傾くと膣に雑菌が繁殖しやすく
なります。

 

雑菌が繁殖しやすい陰部は、膣 痒みや痛みの
ほかに、おりもののニオイや色が濃くなったりと
デリケートゾーンのトラブルが多くなることに。

さらには加齢によって筋力も減っていく年齢。
足の筋力が弱くなっていくように、
あそこの粘膜や筋肉も弱くなっていきます。


外陰部の萎縮、陰部の筋肉や粘膜が
弱くなることで、くしゃみやふと腰を
浮かした瞬間、大笑いしたときなどに
尿モレ、ちょびモレ問題も(*_*;

 

膣と尿道は密接しているから、膣壁が
もろくなると尿道も弱くなり、
ちょいモレ、頻尿になることもあるんですね。
尿モレ パッドをするほどではないけれど
ふとした時にちょびモレを感じる管理人。


お肌は年齢による変化を感じやすいですが、
あそこも加齢でかゆみや臭いが起きるなんて…
デリケートゾーンも年を取るにつれ
不快な現象が起こるんですよね。
年齢が高くなると性行痛がひどくなったり
するのも膣内の加齢が原因。
40代 50代 デリケートゾーン 正しいケアで
快適に過ごしたいものですね。

 

 

 

 



デリケートゾーンのかゆみ 何科?あそこが無性にかゆい!

あそこがかゆい原因って何?
性病?膣(性器)の病気?
掻けばかくほど痒くなるほどアソコがかゆい…
かきむしってうっすら出血(*_*;

 

デリケートゾーンのかゆみを感じるまでは
何も気にかけてなかったアソコ。
病院に行ったほうがいいの?
病院に行くほどではない?
ひどい痒みや病気の疑いがある場合は
女性の場合、婦人科へ。
病院へ行くほどではない場合は、自分でケア
できるデリケートゾーングッズ、たくさん
あるんですよ(知らないだけだった)

 

いろいろ調べてみると、デリケートゾーンの
かゆみ、思った以上に多くの方が悩んでいるそう。
薬局やドラッグストアで市販されている
デリケートゾーン かゆみ 薬、また通販で
購入できるデリケートゾーン かゆみ 塗り薬や
せっけん、デオドラントミストなど。

 

とくに女性はデリケートゾーンのかゆみに
悩む人が多いんですって!
デリケートゾーンのかゆみ、主な原因は

 

・生理時のかゆみ
ナプキンやタンポンのひもなどの
サニタリーグッズによる蒸れが痒みを引き起こす。
また、生理時の出血(経血)の刺激でも
あそこの痒みが起こることも。

 

・下着のかぶれ
肌に刺激になる繊維の下着やストッキングに
よる痒みやかぶれ

 

・おりものが原因のかゆみ

・陰部周辺部のかゆみ

・汗ムレが原因のかゆみ

 

私の場合は汗やムレによる痒み、
また生理前のホルモン変化による
オリモノが原因のかゆみかな…